「におい」問題の解決のため試行錯誤を繰り返しております

弊社には毎日様々な「におい」問題の解決依頼がきます。個人から企業のお客様、国内、国外を問わず実にさまざまな対策依頼です。基本的に「におい」による苦情は複合臭気で発生します。一つの臭気を構成するのは何百、何千の臭気物質です。そのため対策についても臭気に合わせたカスタムメイドの対応が必要になります。「におい」問題がありますとまず現場にお伺いさせていただき初期調査を実施します。それで対策の方向性を決めたのち「臭気環境アセスメントサービス」を行い、対策の前提条件を明確にします。

 

 

画像1

「におい」の対策のため対策ツールも日々進化しています。なかでも「消臭剤」は対象とする排気が大風量の場合、対策コストが低く抑えられるため弊社でも多くの設置事例のある対策手法です。最近のお問合せでは、作業場内の室内に充満する臭気を何とかしてほしいとの声から、塩素ガスを除去する薬剤や、玉ねぎ裁断時に多く発生する催涙ガス除去薬剤などを新規開発いたしました。これらの薬剤を投入した小型スクラバー(RASスクラバー)を作業場内に設置し、循環することでより低コストで臭気成分を除去することが可能です。

 

画像2

また、お客様の現場にテスト機を持ち込んでテストすることも頻繁に実施しています。弊社では基本的脱臭手法である「燃焼」「吸着」「洗浄」「オゾン酸化」「光触媒」「イオン分解」などほとんどの手法を取り扱っており、この「におい」にはこの手法が効果的であるという対策ノウハウの蓄積をしております。(もちろん失敗もたくさん経験しております。)実はこのノウハウをたくさん持つことこそが我々臭気対策コンサルティング会社として最も重要な宝であり売り物です。いろいろなテストをたくさん経験していることが、お客様の対策構築の最短距離と信じて日々精進しています。

画像3
ブログ「におい見聞録」一覧へ戻る

工場の脱臭装置なら、専門企業のテクノメディカルにお任せください