酸素クラスター脱臭機によるカビ対策

こんにちは。みなさまお元気ですか?

今年に入り、猛烈に仕事のご依頼が増えて、ブログの更新が疎かに

なってしまいました。申し訳ございません。

さて、今年初の記事です。

 

今回は酸素クラスター脱臭装置を使用した真菌(カビ)対策のお話です。

 

実は、昨年より関東某所のお客様先でカビ対策として酸素クラスター脱臭装置をレンタルしていただいておりました。施設内に繁殖したカビの影響で、室内にカビ臭気が充満してしまったのです。

弊社で、真菌の同定検査も行えます。

*同定検査とは、簡単にいいますと採取した真菌を培養して、それがどういった真菌か確認する検査です。

 

酸素クラスター脱臭装置のカタログでは、空中浮遊菌数が低減することも記載しております。今回の現場において、実際に培養すると確かに真菌(カビ菌)が減っていることを確認しました。

 

 

画像1
画像2

きれいさっぱり無くなった。

とまではいきませんでしたが、本装置はカビに対し、かなりの効果があることが分かりました。

 

なぜ酸素クラスターイオンが真菌に効果があるかというと、

酸素クラスターイオンが真菌を囲むことで、呼吸させなく出来る、真菌の栄養素を取り込ませなく出来るからと言われております。

画像3

真菌が減れば、カビ臭気も確実に減ります。(元を断っているので)

脱臭フィルターなどでカビ臭の除去も可能ですが、時間をかけれじわじわと真菌を叩くのも、脱臭に繋がります。

 

これから真菌が繁殖しやすい季節になります。

真菌でお困りであれば、発生源の調査から対策まで弊社にお任せください。酸素クラスター脱臭機のレンタルもしておりますので、お気軽にお声をかけてくださるようお願いいたします。

ブログ「におい見聞録」一覧へ戻る

工場の脱臭装置なら、専門企業のテクノメディカルにお任せください