AQS(Air Quality System)の件

こんにちは。

 

今回は、タイトルにもある「AQS」について少しお話します。

 

まず、弊社(テクノメディカル)は、スイスにある「LK Luftqualität AG社」の正規代理店でございます。

 

LK社とは、イオネアを製造販売しているスイスの会社です。

イオネアとは、酸素クラスターイオンを生成する脱臭装置のことです。詳しくはこちら

 

 

さて、室内空気清浄化システム(AQS)とは何かというと、

酸素クラスター生成器を自動制御し、生成させる酸素クラスターイオンをコントロールするシステムでございます。

 

画像1

フローにもある通り、空調機やサプライダクトにイオン発生器を取り付け、

風量、湿度はもとより、空気品質センサーによる空気品質値より

発生器の稼働率(クラスターイオン濃度)を全自動で制御します。

 

↓酸素クラスターイオン生成器↓

画像2

弊社では、これらの自動制御を実際にテストできる機器を取り揃えております。↓

画像3

*ここで初めて出てきました「ionairデータリンク VeritasNET」とは、

自動制御している数値や機器の状態をインターネットを経由し、状況を監視できるシステムでございます。

 

このシステムがどういった場所で活躍しているか、一部ご紹介いたします。

① チューリッヒ空港 エアサイドセンター

ここでは、旅客ターミナル内の空調に採用されています。

 

画像4

 

② オーストリア ショッピングモール dez

ショッピングモール内の空調に採用されています。

画像5

③ 中国 パークハイアットホテル/グランドハイアットホテル

ホテルのロビーへ飲食・喫煙臭気流入対策として採用されています。

 

外国をメインにご紹介しましたが、日本での実績も多くあります。昨今ではマンションのゴミ置き場等に採用いただいております。

また、空気清浄化システムですから、酸素クラスターイオンには空中浮遊菌の除菌効果も期待できるデータが発表されております。(スイスにて)

 

機器のレンタルや貸し出しも行っております。

ご興味いただけましたら、一度弊社までお問い合わせ下さい。

画像6
ブログ「におい見聞録」一覧へ戻る

工場の脱臭装置なら、専門企業のテクノメディカルにお任せください