においシミュレーション

こんにちは。

 

今回は、「においのシミュレーション」についてのお話です。

 

日頃、我々の業務は脱臭装置を提案、導入するだけではありません。

臭気環境アセスメントサービスというサービスも販売しております。

これはお客様に代わって臭気の専門家である弊社が、工場の臭気環境

の把握から、臭気対策の構築、現場に適用される悪臭防止法の規制内

容から、どういった排気条件であれば、規制値をクリアできるのかの

検討も行います。

画像1

さて、

 

写真の担当者が画面を見て悩んでいるのは、一つの煙突に対し悪臭防

止法規制値を、どうすればクリア(緩和)できるか。をシミュレー

ションして確認しているところです。

そもそも悪臭防止法では、1号規制値(敷地境界線規制)は各市町村

で設定されています。

その1号規制値をクリアするための2号規制値(排出口規制)である

許容濃度はどの程度なのか、排出口が高い位置にあると規制値も緩く

なるケースも多いので、これらをシミュレートします。

画像2

弊社でのシミュレーションには、上画像にもある「においシミュレーター」を主に使用しています。(場合によりその他の拡散シミュレーションソフトも併用しています。)

これは、日本の環境省が監修し公益社団法人 におい・かおり環境協会が作ったソフトウエアです。(環境省HPから無料でダウンロードできます)

排気口設置条件条件を入力し、シミュレーションすれば、環境省お墨付きの結果となるわけです。

この結果を用いて、このような煙突の条件であれば、規制値をクリアすることが出来る!(シミュレーション条件下において)

お客様へ説明が可能になります。

また、規制値をクリアするためには、脱臭設備とこの様な排気条件がベストであるといった提案の基礎ともなります。

シミュレーションソフトによる試算は、ある一定条件下のものであるため、必ずシミュレーション通りになるわけではありませんが、

このようなツールを用いて、日本全国の「におい」と日々戦っております。

ブログ「におい見聞録」一覧へ戻る

工場の脱臭装置なら、専門企業のテクノメディカルにお任せください