臭気(におい)の採取とは

こんにちは。

本日は、「におい」の採取についてのお話です。

 

これから臭気対策を構築する場合、お客様ご自身の工場の臭気環境の把握は非常に重要かつ、貴重な情報となります。

 

臭気成分や強さによって、臭気対策設備の選定も大きく変わってきます。一声に「どのような臭気に対しても確実に脱臭できる」万能な装置はありません。

画像1
画像2

さて、上写真の方は何をしているのかというと、

 

お客様の工場より排出される「におい」を採取しています。

 

この写真は敷地境界線上にてどの程度の臭気なのかを測定するために、「におい」を採取している写真です。

画像3

具体的に、「におい」の採取方法は、上写真のフレックスポンプという乾電池で駆動するエアーサンプラーを使用して、

画像4

専用の臭気採取袋(ポリエステルバック)へ「におい」を集めます。

 

これを分析会社へ送付し、臭気の測定(数値化)へと進みます。

一概に、ポンプでその辺の空気を集めればよい訳ではなく、当日の風向きや敷地境界線で臭気の強い場所を探し採取に至ります。

簡単に見えて長年の経験が正確な臭気採取につながります。

 

このようなことを常日頃、我々は行っております。

お客様で臭気対策構築をお考えの場合、弊社では「臭気環境アセスメントサービス」をおすすめしております。臭気対策の専門家としてお客様のお手伝いをさせていただきます。

 

ご興味がある方、お気軽にお問い合わせ下さい。

ブログ「におい見聞録」一覧へ戻る

工場の脱臭装置なら、専門企業のテクノメディカルにお任せください