将来的に脱臭能力UPが可能です。

今日は西日本の某食品工場様に納入させていただいております。「タフカム脱臭フィルター」の納入後の様子見と、脱臭能力アップのためのフィルター追加増段作業に来ました。

食品工場からは様々な「におい」が発生しますが、特にソース製造工場においては、たくさんの香辛料等を使用するため結構強いにおいが発生します。これらの調味料の臭気は、ヒトが元来好きな「におい」のため低濃度であっても、ヒトが感じやすいという特性があります。

今回、工場稼働してしばらく経ってから確認に来ましたが、排気フード部に水フィルタが設置されているため、脱臭フィルタ表面にはオイルミストやダスト分は付着しておらず、非常に良い状態が保たれておりました。

 

画像1

「タフカム脱臭フィルター」はフィルタ1段の厚みが薄く、非常に低圧損のため、フィルターケースに予備レールを装備していれば、工場稼働後に、脱臭能力をさらにアップすることが可能です。また、通常の物理吸着タイプのセラミックフィルターとは別に、オプションとして特定の臭気成分を選択的に吸着するフィルターもご用意しております。

今回は当初考えていた臭気レベルよりも、工場稼働後により強いにおいが出ることが判明したため、急遽増段させていただくことになりました。 

食品工場の脱臭対策に是非ご検討くださますようお願いいたします。

画像2
ブログ「におい見聞録」一覧へ戻る

工場の脱臭装置なら、専門企業のテクノメディカルにお任せください