国際展示会「Ecobuild 2018」に参加しました

今日はロンドンからお届けしております。イギリスはロンドンにて開催される「Ecobuild2018」という、建設業界向けの国際展示会に参加しております。

弊社ではにおいの専門家として、室内空気質(IAQ)を計測する新型のセンサーをセンサーメーカーと設計会社と3社にて共同開発しております。居室のCO2濃度とにおい強度を測定して、室内への外気取入量の制御や、脱臭装置等の制御に使用可能なセンサーです。

この度、ここロンドンにて国際発表することになりました。そのお手伝いとして展示会に参加させていただいております。

画像1

展示会は3月6~8日の3日間、ロンドンの外れにあるエクセル展示場にて開催されております。参加している各ブースをまわりましたが、私共のような建築設備系の展示は少なかったため、欧州をはじめとした各国の設計者や建設業の方々から、かなりの反響をいただきました。欧州ではこの種のセンサーは少ないようで具体的案件へのご相談や、製品取扱のご相談を数多くいただきました。

画像2

センサーは居室の壁に設置し、CO2濃度とにおい強度を表示し、このセンサーを引き金として、空調設備等に信号を発信することが可能です。外気取入量を可変させることで外気による空調負荷を減らし、省エネが可能になります。製品の価格は未定ですが今年の夏以降に日本でも販売されることになります。製品の詳細が決まりましたらご紹介させていただこうと考えます。

 

画像3
ブログ「におい見聞録」一覧へ戻る

工場の脱臭装置なら、専門企業のテクノメディカルにお任せください